たねだ治療院

インフォメーションブログ
<< ホームページは必ずチェックしよう | main | 「お客様の声」は絶対に信用してはいけない >>
柔道整復師
0

    整骨院は整体院ではありません。一般の人達の中では整骨院と整体師を未だに混同している人が多数います。これを理解できなければ、時間とお金と健康を損ねてしまう事になります。

     

    そもそも柔道整復師の「柔道整復」とは何なのでしょう?

    柔道整復術(じゅうどうせいふくじゅつ)とは、日本古来の武術のひとつである「柔道」に由来します。柔道には相手を殺傷する「殺法」と傷ついたひとを蘇生・治療する「活法」があります。殺法と活法は、発展変遷をとげ、現在「殺法」の技は競技柔道に継承され、活法は負傷者に施す治療法として「ほねつぎ」「接骨」として伝承され、「柔道整復術」となっています。その活法の技術を応用して、骨・関節・筋・腱・靭帯などの原因によって発生する骨折・脱臼・捻挫・挫傷・打撲などの損傷に対し手術をしない「非観血的療法」という独特の手技によって整復や固定を行い人間の持つ自然治癒能力を最大限に発揮させる治療術。

     


    「柔道整復術」の歴史
    江戸時代に体系化された「柔道整復術」は明治維新以降、社会環境の近代化に伴い、医療行為に対して医師免許が必要となる漢方医学等東洋医学の廃止が明治14年に公布され、事実上「接骨禁止令」として「柔道整復」は存続の危機に瀕することとなりました。
    こうした逆風に対して柔道家を中心に「柔道整復」を存続するように運動が起こり、大正9年内務省の規制改正により許可を受け「柔道整復術」として正式に復活することになります。
    その後、昭和期の敗戦により昭和22年、GHQによって「武道の廃止と医学教育の伴わない医療の禁止」が公布され、再び「柔道整復」は危機に見舞われました。このときも先人たちの団結と努力に加え、柔道整復施術を求める多くの人々に支えられました。
    昭和45年、単行法として「柔道整復法」が成立し、古くは戦国時代から受け継がれてきた「ほねつぎ」は「柔道整復術」として発展を続けています。
    保険の取扱いについては、昭和11年に各都道府県ごとに所在の柔道整復師会と協定を結び料金表を定めて委任払の方式をとって以来現在に至っています。

     

    日本柔道整復師会HP・wikipedia 参照


    江戸時代、接骨術は中国医学に基づく骨継(高志鳳翼/著「骨継療治重宝記」)、西洋医学に基づく華岡流整骨術(華岡青州)、日本独自の骨継療治(各務文献/著「整骨撥乱」「整骨新書」)がそれぞれ確立されたといわれています。
    wikipedia 参照

     

    これらの文章を見てわかる通り、基本的には「骨折」・「脱臼」・「捻挫」・「打撲」を「非観血的療法」と言う独自の療法【温める・冷やす・低周波電気をかける・包帯・テーピング】によって治癒を目指す手技となっています。なので柔道整復師のカリキュラムには整体やマッサージの技術や座学は全く習得していないのです。

     

    ■ 柔道整復師の資格を得ると何ができるの?
    柔道整復術とは、骨・関節・筋・腱・靭帯などに加わる急性の原因によって骨折・脱臼・打撲・捻挫の損傷に対し、手術をしない「非観血的療法」を用いて、整復・固定などを行う行為の事を言います。
    骨折や脱臼など応急手当が必要な場合に置いては速やかに医師(病院)の同意が必要となり、むやみやたらに処置をしてはいけない事になっています。
    なのでほとんどの場合に置いて患者に対しては捻挫と打撲の施術をしていると言う事になります。要するに柔道整復師は捻挫と打撲の専門家にになります。

     

    ■ 柔道整復師は捻挫と打撲の専門家?
    捻挫や打撲をした時の処置として考えらる行為にはどんな事があるでしょうか?

    1.整復法 骨折した箇所を元の状態に戻す、また肩などの関節が外れた場合(脱臼)元に戻すために操作する技術の事です。
    2.固定法 骨折や脱臼などをしてしまった場合に三角巾や包帯、副木などを使って患部を固定する
    治療法の事をいいます
    固定
    包帯
    テーピング
    3.後療法 損傷した組織を回復させる治療法の事をいいます。後療法には大きく分けて「物理療法」「運動療法」「手技療法」の3つの治療法あります。
    低〜中周波(電気療法)
    冷やす
    温める

    マッサージ
    ここで言うマッサージは患部に対し療法として行うモノあって、マッサージ師がやるような専門的な手技療法と異なります。

     

     ■ 整骨院・接骨院の治療はどこまで健康保険が認められるか?
     
     △ 整骨院で保険が適用される場合
     骨折、不全骨折、脱臼は医師の同意が必要…応急処置として最初の1日は認められます。
    急性の捻挫、打撲、挫傷は医師の同意なしで適用…長期化しする場合などには書面での説明が必要です。
    ※ 亜急性期(あきゅうせいき)とは、医療現場での時間経過を表す
    言葉のひとつで、 急性期の段階を過ぎて病状が安定し、
    リハビリや退院支援を行う段階にある状態のことを言います。
    従って亜急性期における症状に関した症状は柔道整復師の業務の範疇ではありません。

     

     △ 保険が適用されない内容
    • 急性ケガだけが対象…慢性化しているケガには保険は適用されません。
    • 日常的なな肩こりや腰痛、体調不良、筋肉疲労。
    • 慢性病や老化などからくる体の痛み。
    • 日常生活やスポーツによる単なる疲れや肩こり、筋肉疲労
    • 外傷とはいえない病気(椎間板ヘルニアや関節炎など)
    • 長期にわたる腰痛などの慢性疾患
    • 日常的な肩こりや老化などからくる身体のいたみが理由で受けるマッサージ
    • 外科や整形外科で治療を受け、同時に柔道整復師の施術を受ける場合。
    • 具体的には脊椎矯正、骨盤矯正、巻き爪治療
     ■ ケガの専門家のはずですが?
    昨今では接骨院 整骨院では骨盤矯正や姿勢の矯正など全く柔道整復師の業態とは関係ないメニューが増えています。肩こり、ただの疲労など慰安行為に過ぎないお客に対しても平然と捻挫や打撲と偽り保険を使って施術をしているお店が多い事も事実であります。

    最近、接骨院・整骨院が物凄い数で開業しています。そんなに街中に捻挫や打撲をしている人がいるのでしょうか?そうした事も踏まえ不正請求も後絶たず、保険組合・健保・国保の財政圧迫の一途をたどっているのです

     

     

     

     

    | 資格の種類と内容 | 09:54 | - | - |