たねだ治療院

インフォメーションブログ
<< 柔道整復師の致命的な欠点 | main | カイロプラクティック >>
理学療法士
0

    PTとも言われているこの職業は本来病院勤務が基本であり医師の指導の元、リハビリの専門家として従事しています。脳外科のリハビリや骨折などの整形外科の分野でのリハビリが身近な所と言えます。したがって”理学療法士”としての「開業権」は持っていません。しかし昨今なぜか整体師として開業してしまう理学療法士が最近激増しています。

     

    お店の表面上は整体院(整体師)でなければならないのに、HP上では。「国家資格をもっています」と言った宣伝文句を謳い、姿勢の矯正や骨盤矯正、筋膜リリースと言ったリハビリとは何も関係ない、整体もどきやマッサージを平然と行っています。そうしたグレーな存在でもある理学療法士について解説してみたいと思います。

     

    ◆ 最近妙に目にする理学療法士がいる店
    最近、整体屋、動画配信、スポーツクラブ、セミナー講師など様々な施設や手技療法関連で目にするようになった理学療法士、本来、脳卒中や重度なケガ(骨折、等)の運動機能を改善を目的としたリハビリを専門とする彼らの周囲には一体何が起こっているのでしょうか、国家資格を持っているからと言って安易に信用しては絶対にいけません。なんだかわからずに損をしたくなければ理解しておく必要があります。

     

    ◆ 理学療法士の仕事
    理学療法士は、病気やケガでで身体に障害を持った人や事故などで身体が不自由になった人、高齢により身体機能の衰えた人たちなどに対して医師の指示の下でリハビリテーションを行い、運動能力や機能を回復、援助する仕事です。学校ではそうした拘縮(痙縮)予防や運動機能向上のために、多少マッサージを習いますが、そもそも整体・マッサージの専門家ではないし理論も異なります。リハビリ=整体と言う理論は多少共通する所が多少あるので、技術レベルは柔道整復師よりかはマシかなとは思いますが、広告等で「国家資格がある」と言うグレーゾーンに近いPRの仕方にはある意味クライアントを欺いている所があります。(開業権がない国家資格があると明記するべき)

     

    ◆ 理学療法士は国家資格
    病院勤務によるリハビリテーションの専門家(理学療法士:PT)として働けるようになるには国家資格に合格しなければなりません。病院に行くと「リハビリ室」と書かれた部屋が設けてある所がありますが、まさにそこが理学療法士の仕事場になります。身体の一部が欠損してしまった人に対する装具を作る義肢装具士との連携などもあったりして、中にはパラリンピックのトレーナーの仕事を従事する人もいます。しかしながら全国的に病院の数は増加していないにも関わらず理学療法士の数は増えている就職難に陥っているのも確かなのです。

     

    ◆ 病院から介護に出向
    最近では、福祉の場面にも出てくるようになりました。病院から一時的に福祉施設に行き、その施設の利用者の様子を診ていくことも決して珍しくありません。また施設に勤めて、そこから近隣の住宅に住んでいる人のところへ足を運ぶ訪問リハビリを積極的に行なっている場合もあります。

     

    ◆ 開業権はもっていない
    理学療法士(国家資格所持)として開業をすることは基本的にはできません。それは理学療法士として開業権が認められてないからです。これは作業療法士(OT) や言語聴覚士(ST) も一緒ですが、医師の指示の下に仕事をすることが義務付けられているからです。(保険を適応(診療)させる際に”療養”の中にあるメニューに組み込まれているため)

     

    しかし最近、理学療法士が開業をしているお店が急増しています。『国家資格がある』と謳い個人事業としてお店を営業している理学療法士が多く散見するようになってきました。しかし法律的には理学療法士として開業しているのではなく、整体師(モグリ)として開業をしているため医療機関との繋がりや法的な縛りはないので”無免許整体師”と同じ立場になります。

     

    ◆ 辟易する現場
    基本整形外科医や脳外科医の指示の元に患者に対しリハビリを行います。50床以下の病院でも同様かも知れませんが、個人の開業医(整形外科)で働くといつも同じ高齢者が毎日の様に来るため、食傷状態になり臨床の経験(勉強)とは程遠く、やりがいを失い、離職してしまう事が多々あったりします。(その気持ちよくわかります) もはやその空間は惰性と堕落のカオスの現場でもあります。そんな高齢者以外の若い人の障害なんかが現れた時には、初めての症状だったりして混乱したりどうしていいのかわからなかったりと、何のためにこの仕事に従事しているのか見失う事が多々発生します。

     

    そしてさらには、そうした現場に鍼灸師、柔道整復師、ヒドイ医院になると整体師(無免許)まで雇用していますが、実はこの整形の仕事のほとんどはマッサージ要因&電気係と言ったリハビリとは程遠い業務内容になっていて、理学療法士の存在意義なんて感じる事が皆無なブラックな仕事だったりします。

     

    ※ 高齢者問題
    患者側にも問題があり。そもそも大半を占める高齢者患者自身も治す気があるのか無いのか、残りの余生の時間つぶしの様に現れるため現場は惰性となり、毎日のように来るため、意味もやりがいも消失しおまけに世間話も枯渇し話題も無くなり、やる気所か嫌気をさす様になり理学療法士のポテンシャルが保てません。そうした高齢者ばかりの職場になると、本当にケガでリハビリを必要としているスポーツマン等の若い人が来た際には、異常な程、時間を待たされたりして効率が非常に悪く、常に多くの人が来院するため、悪循環が常に発生している状況に陥っています。でも高齢者はヒマなので、何時間でも待てます。

     

    ◆ なぜか整体師になっちゃう
    そんな中、ある理学療法士が他所の理学療法士の「整体師」として開業して成功しましたPRブログ、動画配信PR、セミナー講師してますPRを見つけてしまいます。コチラの業界を何も知らない理学療法士は新たな”ヤリガイ”に目覚めるようになります。しかし、上にも書きましたが開業権は無いため表面上は整体師(リラク系)と言う形で転職し開業をします。開業するには技術や知識も不十分なのでセミナー等を受けたり、開業した先輩のアドバイス等聞いて、あっさり開業しちゃいます。で、開業してからセミナーやらナンやらに出向くようになり、なぜかそれをブログで報告します。(無免許整体師よりかはマシという程度)

    業態は整体師なので保険は効きません。《医療費控除の対象にもなりません》、しかしどう言う訳か自分は理学療法士で国家資格保持者と自己PRは強く押し出してきます。でも法律上店内では無免許と同じ整体師なので法律的縛りは薄いモノがあるため違法な看板を掲げたりします。(マッサージ院や鍼灸院、整骨院の店舗は保健所に登録が必要ですが、理学療法士の整体院は保健所には未登録です。でも無免許整体師よりかはマシ)

     

    ◆ 無免許の整体師・柔道整復師よりかはマシかも
    身体の機能回復と身体を整える行為自体は似て非なるモノなのですが、無免許の整体師と比べると国家資格で、学業の基礎はあるので全然信用は高いと思います。リハビリのメニューの中にマッサージもするのでマッサージも出来ますが、マッサージの免許はないため看板には表記できません。(なので整体院とか○○ラボ、フィジカル○○ 等、よこ文字系屋号にします。)

     

    ※ キャリアが重要な件
    理学療法士は整形外科等で行っていたマッサージは患者数が多すぎるため、患者一人に対して時間を10分以下にしています。なので長い時間の施術は慣れていません。30分以上の施術は他店で従事したキャリアが必要になります。誰にどう言った施術をするのかが不明なので、単純に腰が痛い、肩が凝ってる、頭が痛いなどの症状に対し適切に対処できるかどうかは甚だ疑問があります。長所はリハビリに特化していたので筋肉の鍛え方、関節の可動域はよく知っています。そうしたスキルだけを比較すると柔道整復師よりかはマシな仕事をすると考えられます。

     

    ◆ 何をするのか不明な理学療法士
    開業した理学療法士は一体どんな施術をするのでしょうか?そのヒントは動画配信にあるのですが、その国家資格を盾に思いっきり病名表記&治療行為をしています。慰安行為ではありません。最近聞かれる『筋膜リリース』は理学療法士が積極的にやっています。最近よくTVに出ている、筋膜リリースを紹介している学者の先生も理学療法士です。

     

    違う所では、カリスマっぽい動画配信講師(兼セミナー講師)まで現れて受講者のHPに推薦している某理学療法士までいます。しかしその講師が受講者の施術を受け本当に推薦しているのどうかは不明(セミナー料金に推薦料まで入っている可能性大)

    セミナーを受けた事で理学療法士のスキルが飛躍的に上がって、クライアントの評価が上昇すると思うかどうかはコレを読んでいる人の判断にゆだねますが、お店によっては(コンセプト)本当に身体が痛くて困っている人、マッサージを受けたい人にはお門違いかも知れません。前にも書きましたが、マッサージの修行はあまりしていないので、いろいろ不明な事をして時間稼ぎとも思える事をして来る可能性が高いので、普段健康に気を使っている人(意識高い系)の人向きかも知れません。

     

    ◆ ここ数年で現れた新興勢力?
    たしかに学問の就業内容で言えば無免許より理学療法士の方が圧倒的に多く厳しいのですが、なぜ理学療法士として病院勤務を捨てて整体師になったのか?その動機が重要になります。整体師になった以上そちらのフィールドで戦うべきなのですが、なぜか国家資格を持っている事を執拗にPRしてきます。(中には国家資格と書いてあるだけで理学療法士とまで記載していない人もいます)そんなアンフェアな理学療法士はが行うアプローチはさすがに西洋医学的アプローチがほとんどです。

    『筋膜リリース』言う名のマッサージ?
    •トリガーポイント
    •身体の鍛え方
    •姿勢や関節の動かし方等の指導
    •ストレッチ
    •生活指導
    など

     

    病院勤務の頃にやってたケガや麻痺のリハビリは整体療法と関連性は薄く、整体の定義とすべてイコールではありません。仮に身体の歪みが理解できたとしても、その整え方や施術法は理学療法士の本来のスキルではありません。鍛える、可動域改善以外に理学療法士としての知識が役に立つのか、実践では不明瞭と言うのが私から見た所であります。(病院と整体院のアプローチは全く違うと言う事)そんなキャリアも実績も不透明なのにセミナーの講師をやる理学療法士も妙にいたりします。整体の現場でも才能が開花せず需要も無くドロップアウトしたのか、でも無免許整体師の講師りかはマシ

     

    ◆ 整骨院には理学療法士がいない
    柔道整復師のお店いわゆる接骨院・整骨院において薄給で無免許の整体師を従事させている話はよく聞きますが、理学療法士が従事している人を見た事も聞いた事ありません。理学療法士ネットワークでブラック情報として拡散しているのか知りませんが、理学療法士の人達は柔道整復師の事を嫌っている、あるいはその逆がある感じがします。共に整形外科の範疇になるので水と油の関係なのかも知れません。(個人的見解では目くそ鼻くそなんですが、でも無免許整体師よりかはマシ)

     

    ◆ プロフィールは必ずチェック
    それこそ整体師としてのキャリアや実績は未知数なため、技量や整体の知識はわからないものが多く、良いのか悪いのかは当事者のプロフィールの内容次第と思われます。病院勤務を引き算したキャリアで確認して見て下さい。施術による事故、わいせつ行為などで警察沙汰になっても表面上は整体師なので実刑にはなるけど、免許のはく奪はありません(前科はつくけど)。したがって理学療法士だから安心安全ではないと言う事です。でも無免許整体師よりかはマシ

     

    引き出しが多く、どう結果が出せるのか(※重要)

    なにはともあれ、クライアントの主訴を改善させる「結果」が重要なのはこのブログでも散々書いてますが、基本一人当たり1時間の施術時間で換算してみると、その一時間に対して何ができるのか?が重要な判断ポイントになります。例えば、彼らは整形外科等で一人当たりに欠けるマッサージ時間は10分以下と制限がかかっている場合が多く、それこそ一時間触り続ける事は技量の引き出しを見ても難儀になると思われます。長い時間押したり揉んだりできない分(めんどくさいからやりたくないのが本音)どんな事をしてその穴を補填し、良い結果に導けるのかがとても重要になります。そもそも彼らはマッサージの履修はしていないため技術的期待は持たない方が良いかと思われます。身体の使い方や運動法が専門ですから。疲れて痛みがあるからと入ったお店で運動法を教われば改善するのか?筋膜リリースと言いながらマッサージもどきをするのか?理学療法士によってアプローチの仕方は様々です。

     

    ◆ 行く行かないは当人次第
    身体を調節する上では筋力アップは不可欠なので広義の見方をすれば、理学療法士の行う施術やアプローチには整体的意味合いも含まれると思います。しかし、整体施術の要である”自己回復力”と理学療法士がやって来た”機能回復”はイコールではないため、施術をする側、あるいは施術を受ける側の知識と意識の問題になってしまいます。

    理学療法士の整体院を見るようになったのは、ここ5年ぐらいです。(2017年現在)整体師に転職してからキャリアが5年以上の施術家はそんなにいないのではないかと考えます。したがって国家資格を持っていれば。安心・安全・間違いない・確か・ではありません。もしHPでそんな店主のお店を見つけたら参考にしてみて下さい。

    | 資格の種類と内容 | 10:18 | - | - |