たねだ治療院

インフォメーションブログ
<< 理学療法士 | main | 整体師 >>
カイロプラクティック
0

    カイロプラクティック(Chiropractic)は、1895年にアメリカ発祥の施術法でダニエル・デビッド・パーマーによって創始された手技療法。名前の由来は、ギリシャ語で「カイロ」は「手」、「プラクティック」は「技術」を意味する造語。歴史的に見ると、オステオパシーから派生したと言われています。

     

    ※オステオパシー

    1874年アメリカのA.T.スティルという西洋医学の医師によって創始されました。オステオパシー医学という医療哲学のひとつの体系のことである。従って、その意味では、オステオパシー「療法」というのは正しくない。 「整体」という言葉自体、オステオパシーやカイロプラクティックの訳語として大正期に使われるようになった用語であるといわれ、これ以前に日本で整体と呼ばれる手技療法はなかったと考えられている 。

    wikipedia 参照

     

    【※注意】

    世界保健機関 (WHO) は補完代替医療として位置づけていますが、日本では国が認めていない医業類似行為の無免許です。無免許の民間療法に値するため「治療」と言う語句は使用すると違法行為になり、HPに「病名の表記」や「○○が治った」「○○が改善した(○○は病名)」みたいな表現している所は違法に当たります。

    カイロプラクティックは背骨の調整をメインにして関節を調整し血流を促進させ回復力を上げさせる施術、スラスト法(ボキボキやるやつ)、アクティベーターやトムソンベッドと言った独特の道具を使用したりするのですが、効果にバラつきが極端にある(技量の差)、ちなみに同じ回復力でも鍼灸の自己回復力とは生理学上と全く異なる理論なので混同しないようにして下さい。

     


    本当は何をやっているのか

    カイロプラクティックは背骨の歪みを調節するとかナントカかっこいい事言ってますが、そもそも背骨は単独で歪んでしまうものなのでしょうか?背骨の周りには靭帯、腱、筋肉で覆われています。と言うか、くっ付いています。その歪みと言われるモノは筋肉(腱)や靭帯が硬くなり引っ張られて歪みの様な状態を生んでいるに過ぎないのです。実際に鍼を刺しても同じ結果を出す事ができます。鍼を刺して歪みが取れるなんておかしなイメージですよね、硬くなった部位がゆるんだ事で引っ張られていた関節が緩んで元の位置に戻ったと言う表現の方が近いと考えます。

     

    整体との違い

    理論や定義はほとんど同じです。よくカイロプラクターがムキになって差別化しようと書き込んでますが根本が同じなので説得力がありません。そもそも上記に書いてある様に、カイロプラクティック(オステオパシー)を和訳してできた言葉が「整体」です。一応ジャパニーズ整体は国内で独自のアレンジをしていきますが、例えば東洋医学とは学問上融合する事は不可能なためあまり関係がなかったりします。詳しくは「整体」のページにて。

     

    確立できない理由

    ものすごく簡単に書くと、カイロプラクティクは関節を調節して(ゆるめて)身体の機能を高めると言ってますが、関節の周囲だけ調節しても間の筋肉が硬いと意味が無いため、マニピュレーションとか筋膜リリースとか言いながら筋肉にマッサージをしています。結局マッサ−ジと比較をした時に効果や大差がないため、国家資格にならないのではないかと考えます。

     

    【※補足】
    カイロプラクティック関連のHPを見るとよくWHOに認定されているとか、4200時間のカリキュラムを踏んでいるとか、いろいろ能書きを書いていますが、日本国内では全く法的効力も意味もないタダの無免許に相当します、(だったら、WHO認定されている国に行って思う存分施術すれば良いのに)なので、実際は誰でも今日から自称でカイロプラクターになれます。整体師と社会的立場は同じです。そうした自称の人間が日本に1人でも存在すれば、それらの能書きにはなんの効力も社会的影響も無意味でありむしろ欺瞞とも言える話なのです。

     

    さらにはにわかカイロプラクターによるトラブルや事故は決して少なく無い事を知っておかなければなりません。結局そうした能書きはお客様のための言葉ではなく、自分達の保身のための言動に過ぎません。そんな彼らはよく整体と差別化を図っていますが、差別する行為自体意味がありません。なぜなら、整体との歴史と理論はどちらもほぼ同じだからです。

    実際スラスト法をやる整体師もいるし、スラスト法ができないカイロプラクターは山ほどいます。(スラスト法がすべてではないと言うカイロプラクターがいますが、それは出来る人間が言うセリフで、そもそもスラスト法はカイロプラクターにとって基本中の基本の技術ではないのでしょうか)そう、”できない”と”やらない”は全く意義が異なるのです。

    | 資格の種類と内容 | 17:29 | - | - |